メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

私たちは何を遺せるか=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 私がこのコラムに寄稿するようになって10年余り。日本と世界はリーマン・ショック後の不況、東日本大震災と原発事故、そして今回の新型コロナウイルスの大流行と、破壊的な危機にたびたび遭遇してきた。加えてデジタル革命とグローバル化が生み出す破壊的イノベーションは、私たちの生活を飛躍的に便利にする半面で産業構造の大変化による格差拡大と社会的分断を促し、世界で政治的不安定状況を生み出している。

 あの頃、バブル経済の後遺症である不良債権問題と金融セクターの危機的状態からようやく脱却し、産業再生機構の責任者として私はそこで役に立てたことを誇りに感じていたし、日本経済は安定的な成長軌道に戻るものと思っていた。しかし、その期待は見事に裏切られ、さらに少子高齢化問題も重なって、日本経済はいろいろな困難に翻弄(ほんろう)されながらこの10年余りを過ごしてきた。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです