希望新聞

東日本大震災10年へ そしていま ランドセルと再建を待つ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
再建工事が始まった自宅横に建てた倉庫の中で、理子さんのランドセルを見つめる鈴木堅一さん(右奥)=岩手県釜石市で2020年8月29日、和田大典撮影
再建工事が始まった自宅横に建てた倉庫の中で、理子さんのランドセルを見つめる鈴木堅一さん(右奥)=岩手県釜石市で2020年8月29日、和田大典撮影

 「ここ座ってるといくらか気持ちが落ち着くねえ。自分たちの家さあった場所だから」

 岩手県釜石市の鈴木堅一さん(77)宅は、この夏かさ上げした土地でようやく土台の工事が始まった。

 津波で亡くした孫の理子さん(当時11歳)たち家族4人の「仏さんと再建した家に帰るまでは俺の復興はねえんだ」とつぶやく。

 本体に先駆けて、土台横に倉庫を作った。…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文343文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集