メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

ダイヤモンド・プリンセス号の実相/9 船内での死者ゼロ

船内で検体採取する自衛官=統合幕僚監部提供

 ここで、クルーズ船が2月3日に横浜港に入り検疫が始まってからの状況をまとめてみたい。新型コロナウイルス感染が広がる中、3711人の乗員乗客をいかにして救うかという、きわめて困難なオペレーションが船内で進行していた。

 活動の中心となった厚生労働省DMAT(災害派遣医療チーム)がまとめた報告書は、同8日に活動を始め3月1日に全員の下船が終了するまでを四つの期間に区分けしている。

 ≪(1)初期対応期=2月8~9日≫新規の発熱患者は連日60人以上。だが、活動方針は決まらない。「医者にかかりたい」と乗客が訴えても3~4日かかり、持病の薬が切れ始める。処方を求めて乗客が提出した要望書2000枚のうち、1500枚が「生命に影響あり」と判断されていた。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです