メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

岡嶋琴海さん=高校生で初めて「防災検定」1級に合格した

 「小さなころから用心深いんです。何かあったらと考えると、心配で眠れないタイプで……」

 一般財団法人・防災教育推進協会が災害に関する知識や防災手段を習得することを目的に小学生から大人までを対象に行っている「防災検定」の1級(大学程度)に合格した。1級は企業で防災に関わる担当者らも受検しており、高校生の合格は初めてで最年少だ。

 防災に関心を抱いたきっかけは、高1の夏休みの宿題で身近な災害について調べたこと。現在暮らす千葉県船橋市では、近い将来に起こりうる災害として大規模地震が考えられる。家族4人が1週間、避難生活するのに何が必要なのか。「水と食べ物があれば何とかなるのでは」。被災の実態を知るほどに、考えの甘さを思い知った。地震だけではない。千葉県では昨秋、台風被害で長期化した停電で市民生活に甚大な影響が出た。そして今年…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです