メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ、新外国人来日阻む バスケ・Bリーグ、バレー・Vリーグ、ラグビー・トップリーグ 迫る開幕、特例措置も

Bリーグの各チームは上位進出のためにも外国人選手の活躍が欠かせない=2018年12月、吉見裕都撮影

 秋にシーズン開幕を迎えるプロスポーツの選手やコーチらが新型コロナウイルスの影響で入国できず、チーム編成への影響が出ている。9月から在留資格を持つ外国人は再入国の要件が緩和され、日本でプレー経験のある選手は来日できるようになった。しかし、新たに契約した選手は査証(ビザ)の問題もありチームに合流できない可能性が高く、想定した戦力が整わない事態となっている。

 バスケットボール男子のBリーグは10月2日に開幕するが、8月末時点で入国できていない外国人は選手約60人にコーチらを合わせて計約75人おり、新規加入の選手も含まれている。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです