メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災10年へ

古里の祭り「来年こそ」 コロナで中止相次ぐ 被災者つなぐ貴重な場

新型コロナウイルスの終息を祈願し、神社に奉納された「臼澤鹿子踊」=岩手県大槌町で5日、和田大典撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東日本大震災の被災地でも夏祭りや秋祭りが中止に追い込まれている。祭りは、震災で離れ離れになった被災者たちが顔を合わせ、ともに古里を思う場。「祭りがだめでも交流の機会を」と、代わりに小規模な催しをするケースもある。

 笛や太鼓の音に合わせ、シカに似た想像上の獣「鹿子(しし)」の頭をかぶる踊り手が勇壮に舞う。ドロノキの皮を薄く削った白い飾り「カンナガラ」をまとうのも特徴だ。江戸時代からの歴史がある岩手県大槌町臼沢地区の伝統芸能「臼澤鹿子踊(おどり)」。5日に町の神社で舞が奉納され、集まった約10人から拍手が送られた。

 町では毎年秋、大漁と豊作を祈る「大槌まつり」が開かれてきた。各地区の郷土芸能団体が町内を練り歩き、舞を披露する。臼澤鹿子踊もその一つ。人口の1割近くが犠牲になった震災の後も続いてきた。臼沢地区自治会長の東梅(とうばい)英夫(てるお)さん(74)は「町を離れた人たちもこの日ばかりは古里に戻る」と話す。だが、今年は新型コロナのため中止に。震災で妻を失い盛岡の息子の元に身を寄せた弟も、帰省を断念した。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです