知事4選出馬、ある?ない? 来春選挙、気をもむ秋田の政党関係者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
7日の定例記者会見でも出馬について「熟慮中」と説明した佐竹敬久知事=秋田県庁で2020年9月7日午後1時26分、川口峻撮影
7日の定例記者会見でも出馬について「熟慮中」と説明した佐竹敬久知事=秋田県庁で2020年9月7日午後1時26分、川口峻撮影

 秋田県知事選が来春に迫ってきた。2017年4月に始動した佐竹敬久県政3期目は、21年4月に任期満了となる。10日時点で次の知事選に出馬を明言している立候補予定者はおらず、現状では佐竹知事が4選を目指して出馬するのか否か、意思表明のタイミングを県政関係者が注視する事態となっている。【川口峻】

コロナ影響か判断先送り

 佐竹知事の進退に絡む意思表明に影響を与えているとみられるのが、新型コロナウイルスを巡る状況だ。19年12月の記者会見で佐竹知事は今年の秋には自身の進退に言及する考えを示し、「政治は結果。結果を県民がどう捉えるか、私を評価するか見極めなければ」と答えていた。

 しかし、20年に入って、新型コロナ対応が県政の課題に浮上。2月県議会では、新型コロナを緊急課題とし、4選出馬については「現時点ではそこまで考えが及ばない」とかわした。その後も記者会見で進退を問われ続けたが、4月には判断期限を「年末までがギリギリ」と延ばし、8月31日には「もう少し熟慮しながら」と言葉を濁した。自身の健康状態や新型コロナによる社会変化への対応力を進退の判断基準にするとの考えを示して…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文1074文字)

あわせて読みたい