メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍政権が残したもの

安倍政権の長期化 「最大の応援団はふがいない野党」 小川淳也衆院議員

小川淳也衆院議員=東京都千代田区で2020年6月3日、内藤絵美撮影

 安倍政権が史上最長となった理由の一つに、選挙の強さが挙げられる。2012年の衆院選で民主党から政権を奪回した後、自民党は5回の選挙で大勝を重ねてきた。話題のドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で、世襲の自民候補相手に毎回苦戦する姿が描かれる小川淳也衆院議員(49)=無所属=は、その強さの秘密をどう分析しているのか。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2926文字(全文3113文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです