メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どこへ地方票、あるか同情票 岸田・石破氏、最下位回避に躍起 政治生命に影響

自民党総裁選公開討論会で発言する(右から)石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長=東京都千代田区の党本部で2020年9月9日午後、藤井太郎撮影

 自民党総裁選(14日投開票)で菅義偉官房長官(71)に国会議員票の約7割を固められ、圧倒的劣勢に立つ石破茂元幹事長(63)と岸田文雄政調会長(63)は激しい2位争いを展開している。3位に甘んじれば政治生命の危機に陥りかねないため、両陣営とも態度不明の国会議員に個別に接触を図るなど「1票」の獲得に躍起になっている。

 「手応えはあるが、自分が行った地域の手応えであって、日本全体となると分からない」。11日午前、国会内で記者団に都道府県連票の手応えを問われた石破氏は歯切れが悪かった。

 毎日新聞の情勢分析で…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです