メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銚子電鉄の窮状知り30万円寄付 05年閉店のデパート元従業員ら

竹本勝紀社長(左から2人目)に協力金を手渡した坂木恒次さん(左端)ら=千葉県銚子市で、近藤卓資撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が経営難に拍車をかけている銚子電鉄(千葉県銚子市)を励まそうと、市内唯一のデパートで2005年に閉店した十字屋銚子店の元従業員らが募金への協力を呼びかけ、集まった30万円を10日、銚電に寄付した。

 発起人になったのは同店で営業部長などを務めた坂木恒次さん(80)=埼玉県…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです