三重大病院 医師が診療報酬2800万円を不正請求 カルテ改ざん2200件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(写真はイメージ)=ゲッティ
(写真はイメージ)=ゲッティ

 三重大医学部付属病院(津市)は11日、同病院の男性医師が約2年間にわたり、実際には投与していない薬剤を「投与した」として診療報酬を不正請求し、2019年3月ごろからは、不正を隠すためにカルテを改ざんしていたとする同大第三者委員会の調査結果を公表した。改ざんは約2200件に上り、不正請求は約2800万円に上る。

 調査結果によると、改ざんしていたのは臨床麻酔部の40代医師。18年4月から、不整脈に使用する薬剤「ランジオロール塩酸塩」を使用していないにもかかわらず、手術中に使用したかのように装っていた。上司の50代男性医師がこの薬剤の積極使用を部内に指示していたことから、第三者委は、使用量を多く見せかけるために改ざんしたとみている。40代医師は聞き取りに対し「上司に良いように思われたかった」と説明していると…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集