メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋場所目前の相撲部屋クラスター 密不回避の集団生活、専門家「やはり」

力士の集団感染が判明した大相撲の玉ノ井部屋=東京都足立区西新井で2020年9月10日

 9月13日に初日を迎える大相撲秋場所(東京・両国国技館)を前に、新型コロナウイルスの集団感染が明らかになる異例の事態だ。元大関・栃東が親方を務める玉ノ井部屋で、十両・富士東(33)と幕下以下の力士17人の計18人が感染したことが10日、日本相撲協会から発表された。玉ノ井部屋では5日にも幕下以下の力士の感染が判明。同部屋の所属力士28人のうち、感染者が計19人にも及ぶ角界最大の集団感染となっており、関係者に衝撃が走った。【村社拓信、黒川優】

 玉ノ井部屋では5日夜、最初に体調を崩した力士が抗原検査で陽性と判明した。7日には同部屋がある東京都足立区が感染者の行動歴や接触者を調べる「積極的疫学調査」を実施し、濃厚接触者や部屋関係者を含めて32人にPCR検査を行った結果、10日までに新たに18人の感染が判明。足立区はクラスター(感染者集団)として公表した。最初の1人を含めて感染者19人のうち、12人は入院しているがいずれも軽症。残り7人は特に症状がなく、現在は部屋内で隔離され、今後入院治療する予定だという。

 佐渡ケ嶽、木瀬の両部屋に続く3番目の大所帯である玉ノ井部屋で、所属する力士の約3分の2が集団感染する事態に、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「目に見えるものではないウイルスは仕方のないこと」と受け止めつつ、「他の部屋と接触しないように、ここ…

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文2208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  3. 83年国会答弁、官庁しどろもどろ 「維持か応えられぬ」 野党ヒアリング詳報

  4. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  5. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです