白鵬、鶴竜の両横綱が休場 37年ぶりの事態に 大相撲秋場所

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大相撲夏場所12日目で御嶽海に突き落としで敗れ唇を噛む白鵬=東京・両国国技館で2020年7月30日、西夏生撮影
大相撲夏場所12日目で御嶽海に突き落としで敗れ唇を噛む白鵬=東京・両国国技館で2020年7月30日、西夏生撮影

 大相撲の東横綱の白鵬(35)=宮城野部屋=と、西横綱の鶴竜(35)=陸奥部屋=が13日初日の秋場所(東京・両国国技館)を休場することになった。日本相撲協会に11日、休場届が提出された。複数の横綱が初日から全員不在となるのは、千代の富士と北の湖が全休した1983年夏場所以来37年ぶり。

 7月場所中に白鵬は右膝、鶴竜は右肘を負傷し、ともに途中休場していた。白鵬について師匠の宮…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集