メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表、10月に国際親善試合 カメルーン、コートジボワールと

森保一監督=福田智沙撮影

 日本サッカー協会の反町康治・技術委員長は11日、オンラインで記者会見し、日本代表がオランダで10月9日にカメルーン代表、同13日にコートジボワール代表と国際親善試合を行うと発表した。新型コロナウイルスの影響で活動が滞っていた日本代表が今年初めて招集される。選手編成は海外組中心となる見通しで、試合は無観客で行われる。

 反町氏によると、日本からの入国を制限していないことや欧州各地からも集まりやすいことなどから遠征先にオランダを選んだ。国内組は帰国後に自宅待機となる可能性が高いが、反町氏は「代表はその時のベストを選択しないといけない。最高の選択をしてもらえればありがたい」と各クラブに理解を求めた。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. プラットフォーマー虚偽表示に販売停止要請 消費者保護法案

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです