メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表、10月に国際親善試合 カメルーン、コートジボワールと

森保一監督=福田智沙撮影

[PR]

 日本サッカー協会の反町康治・技術委員長は11日、オンラインで記者会見し、日本代表がオランダで10月9日にカメルーン代表、同13日にコートジボワール代表と国際親善試合を行うと発表した。新型コロナウイルスの影響で活動が滞っていた日本代表が今年初めて招集される。選手編成は海外組中心となる見通しで、試合は無観客で行われる。

 反町氏によると、日本からの入国を制限していないことや欧州各地からも集まりやすいことなどから遠征先にオランダを選んだ。国内組は帰国後に自宅待機となる可能性が高いが、反町氏は「代表はその時のベストを選択しないといけない。最高の選択をしてもらえればありがたい」と各クラブに理解を求めた。

 10、11月に予定されていたワールドカップカタール大会アジア2次予選は来年3月に延期された。反町氏は「知恵を絞って(この活動に)いきついた。強化、選手の状況把握、チームのコンセプトを植え付けるいい機会で、有効だったと思える活動にしたい」と話した。【福田智沙】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  5. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです