メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

的川博士の銀河教室 613 12月5日午後にカプセル分離

[PR]

はやぶさ2は第二の旅へ

 オーストラリア政府による1年間の審査(しんさ)を経て、8月6日に「着陸してよい」との許可が出されました。「はやぶさ2」の帰還(きかん)に向けてのスケジュールが一挙に本格化します。

 まず8月28日、イオンエンジンによる軌道修正(きどうしゅうせい)がほぼ終了(しゅうりょう)し、いったんイオンエンジンの噴射(ふんしゃ)を止めました。現在チームは軌道決定作業を精密に行っています。その結果に基づき、9月半ばに軌道の微(び)修正(TCM)を行うべく、イオンエンジンを再度ふかします。それ以降もTCMの予定がありますが、10月以降はすべて化学エンジンで行います。帰還軌道の全体像をもっと広い視点から眺(なが)めると、(図1)のとおりです。

 さて地球から22万キロまで戻(もど)ってきたところで、「はやぶさ2」本体からカプセルが分離(ぶんり)されます(図2、図3)。それは12月5日の午後2~3時(日本時間)の予定。カプセルはその後大気圏(たいきけん)に突入(とつにゅう)し、大気の激しい高圧・高温と闘(たたか)いながら降下し、最後にパラシュートで減速して、オーストラリアの大地に着陸するわけです。その帰還のあらすじは宇宙航空研究開発機構(JAXA)から発表されています。

 カプセルを地球に向けて放った後、「はやぶさ2」本体は、新たな「延長ミッション」の旅に入ります。どの天体を目標にするかについては、慎重(しんちょう)な検討がされました。まず、地球軌道を通過する小惑星(しょうわくせい)や彗星(すいせい)1万8002個の中から、残った燃料で行ける可能性のあるもの、それも、ただ通り過ぎる(フライバイ)だけでなくランデブー飛行の可能な天体を354個選び出しました。そして最後の決め手として、工学的にミッション達成が可能で科学的価値の高い小惑星二つ((1)小惑星2001AV43、(2)小惑星1998KY26)が浮(う)かび上(あ)がりました。いずれ愛称(あいしょう)がつけられるのでしょうが……。

 どちらも、リュウグウに比べて小さく(30~40メートル)、周期10分ぐらいの高速で自転しています。科学的価値についても甲乙(こうおつ)つけがたく、到達(とうたつ)するには、地球や金星などを何度もスイングバイする必要があり、これから約10年の旅の末に到達するミッションとなっています。おそらく9月中には、どちらにするかをチームが決定して発表するでしょうから、その時点で、軌道計画についてはくわしく語ることにしましょう。


的川泰宣(まとがわやすのり)さん

 長らく日本の宇宙開発の最前線で活躍(かつやく)してきた「宇宙博士」。現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉(めいよ)教授。1942年生まれ。


日本宇宙少年団(YAC)

 年齢・性別問わず、宇宙に興味があればだれでも団員になれます。 http://www.yac−j.or.jp


 「的川博士の銀河教室」は、宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、的川泰宣(まとがわやすのり)さんが解説するコーナー。毎日小学生新聞で2008年10月から連載(れんさい)開始。カットのイラストは漫画家(まんがか)の松本零士(まつもとれいじ)さん。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仏歌手のグレコさん死去 93歳 「枯葉」などでシャンソンブーム

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 昨年に続き「山口県の総理大臣展」 山口県、安倍前首相は写真108点で別途紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです