メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

中山11R・京成杯AH/中京11R・セントウルS (日曜競馬)

 【京成杯オータムH】ルフトシュトロームを本命に推す。2走前のニュージーランドTは後方待機から一呼吸置いて追い出され、34秒2の末脚で一気に差し切った。勝ち時計1分33秒0は1週前のダービー卿CTと0秒2差。NHKマイルCは出遅れて5着に終わったが、初の左回り、GⅠで0秒5差なら悪くない。1週前の追い切りで抜群の伸び脚を披露。3戦3勝の舞台で本領を発揮する。

 スマイルカナは泥んこ馬場の桜花賞で逃げて3着。あの粘り腰には驚いた。前走の米子Sはオークスの激闘の後で10キロ減の馬体だったが、好位から抜け出す競馬で完勝した。体調は前走以上。2戦2勝の中山マイル、ハンデ52キロなら3度目のびっくりも十分ある。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです