東日本大震災

被災船と民宿の解体予算案可決 大槌町議会 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大槌町議会は11日、東日本大震災で民宿に乗り上げた遊覧船「はまゆり」と「民宿あかぶ」(同町赤浜)について、約4000万円の解体費用を含む補正予算案を6対5の賛成多数で可決した。

 町は2012年、「災害の記憶を風化させない事業基金条例」を制定し、復元・保存の費用の寄付を呼び掛けたが、400万円弱しか…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集