メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・くつろぎの宿

霧積温泉 金湯館/中 110年、一軒で守りつぐ 山津波被災後に託され /東京

素朴な金湯館の内湯=群馬県安中市の霧積温泉・金湯館で

霧積温泉 金湯館 群馬県安中市松井田町坂本1928

 霧積温泉(かつては碓氷温泉・入之湯)は避暑地として栄え、伊藤博文や与謝野晶子ら多くの政治家や文人が訪れた。だが1910(明治43)年、巨大な山津波が一帯を襲い、金湯館以外はすべて泥流にのみ込まれてしまう。現社長で4代目主人の佐藤淳さん(49)によると、曽祖父らが被災後の宿を任され、以来110年にわたって霧積の源泉を代々守りついできた。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです