医療事故2件で和解 県立新発田病院、県議会に提案へ /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立新発田病院は11日、男性の腰の手術で後遺症が残ったミスと、女性が手術後の合併症で死亡した2件の医療事故があり、計約4600万円の損害賠償を支払って和解すると発表した。相手は同意する意向で、県議会9月定例会に議案を提出する。

 1件目は2017年11月、新発田市の50代男性の腰の手術で、執刀医の整形外科医が誤ってドリルで神経を損傷。男性には排せつ障害な…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集