山岳遭難を想定 救助の手順確認 糸魚川で合同訓練 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遭難者を背負った状態で、ロープで引き上げる消防署員ら=新潟県糸魚川市の蓮華の森で、石塚誠撮影
遭難者を背負った状態で、ロープで引き上げる消防署員ら=新潟県糸魚川市の蓮華の森で、石塚誠撮影

 山岳遭難の発生に備え、糸魚川消防本部と同市消防団、糸魚川署山岳救助隊は11日、同市の「白馬岳蓮華温泉ロッジ」近くの蓮華の森で初の合同訓練をした。

 午前10時過ぎ、千田裕之・同市消防署副署長の訓示の後、救助作業班と、小型無人機ドローンを飛ばして遭難者を捜索するドローン班の二手に分かれ、蓮華の森へ進ん…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集