メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

峠のトンネル群と港の鉄道遺跡・日本遺産

/7 樫曲トンネル(敦賀市樫曲) 嶺南と嶺北つなぐ道 /福井

樫曲トンネルの内部。現在は電灯が取り付けられ、歩道になっている=福井県敦賀市樫曲で、大島秀利撮影

 長浜―敦賀の全線開通(1884年)で、鉄道は北陸の玄関口まで来た。敦賀から先は船が輸送の中心だったが、北陸の輸送需要は高まっていった。このため、明治政府は1892(明治25)年公布の鉄道敷設法に基づき、北陸線を重要路線とし、93年に第1期工事で敦賀―福井間を着工した。

 嶺南と嶺北を分かつ急峻(きゅうしゅん)な山岳を通るルートは、平安時代からの幹線・木の芽峠越えではなく、それ以前の「万葉の道」が通る海寄りの山中峠越えが選ばれた。その理由を「観光ボランティアガイドつ…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです