メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウひな「順調に生育中」 中ア・木曽駒ケ岳 /長野

順調に生育し、大きくなったライチョウのひなと雌親(右手前)=中央アルプス・木曽駒ケ岳で(環境省提供)

 環境省信越自然環境事務所は11日、8月1日に北アルプス・乗鞍岳(3026メートル)から中央アルプス・木曽駒ケ岳(2956メートル)に移送し、同7日までに放鳥したライチョウの3家族19羽について「おおむね順調に生育している」との見方を示した。

 同事務所は9月9、10日に実施した現地調査で、1家族(雌1羽、ひな4羽)全羽の生存を確認した。8月25日には別の1家族(雌1羽、ひな6羽)を中村浩志・信州大名誉教授が確認しており、全羽が無事だった。

 もう1家族(雌1羽、ひな6羽)は8月19日に登山者が目撃し、撮影された写真を同事務所が確認したが、5羽程度とみられるひなの正確な数は不明。2018年に木曽駒ケ岳で飛来が確認された雌1羽についても、中村名誉教授が確認した1家族と行動を共にしており、健在だった。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです