メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

働くってどんなこと? アルバイトで考えた 福住麻友さん、寺村那歩さん

「マニュアルに加えて、自主的に動くことが大事だと知りました」と語る福住麻友さん=大阪市北区で2020年6月22日午後2時36分、三角真理撮影

 <学ぶ・育つ・挑む>

 お小遣いや学費の足しに、または社会経験を積むために、とアルバイトをする学生たち。「働いてみて考えたこと」を2人の学生が書いた。

 今年の2月ごろから、パン屋で販売スタッフとしてアルバイトをしている。主な仕事内容は、レジ打ち、接客、商品陳列など。このアルバイトを選んだのは、パンが好きだということに加えて、接客の仕事に挑戦してみたかったからだ。

 私は幼いころから人とコミュニケーションをとることが苦手だった。たとえば、相手の目を見て話すことや、大きな声で話すことができなかった。相手に聞き返されることも多く、話すときは緊張する。しかし、社会人になる日も遠くない。コミュニケーション力は、将来どのような仕事に就いても求められるだろう。苦手を克服したいと、人と積極的に話す仕事を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り2844文字(全文3195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです