メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「がんばろうKOBE」25周年事業で再共有 15~17日 当時の選手ら参加 /兵庫

【近鉄-オリックス】10回戦で先制2ランを放ったD・J

 阪神大震災が発生した1995年にリーグ優勝したプロ野球・オリックスと神戸市は、当時のスローガン「がんばろうKOBE」を改めて共有しようと、25周年記念事業を実施する。ほっともっとフィールド神戸(須磨区)で楽天との試合が予定されている15~17日、95年当時に活躍した選手らによるオンライントークショーや、パネル写真展を開く。

 トークショーに出演するのは、15日=星野伸之氏▽16日=藤井康雄氏と当時のスタジアムDJ▽17日=大島公一氏――。いずれもオリックスの公式ユーチューブチャンネルで午後4時から生配信する。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです