メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

カメラマン・池田一喜さん(57)=安堵町 良い構図求め、常に奔走 /奈良

今年でカメラマンを始めて39年となり、「サンキュー」とおどける池田さん=奈良県安堵町東安堵で2020年9月2日午後0時50分、加藤佑輔撮影

 18歳の時、大和郡山市内の写真館の男性オーナーから「アルバイトで撮影を手伝わないか」と誘われた。それまでカメラを持った経験すら無かったが、市内の中学校の修学旅行に同行した。シャッターを切るうちに、「被写体の『思い出』を写真に収められるのは楽しい」と撮影の面白さに目覚めた。

 その翌年に写真館に就職した。運動会などの学校行事や結婚式の撮影をこなして腕を磨き、2005年まで勤めた。07年に妻の敬子さん(40)と、「キキフォトワークス」(安堵町東安堵)を設立。お宮参り、成人式、ウエディング衣装での記念撮影「フォトウエディング」など、お客さんのさ…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです