メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 下関市が地元事業者支援2企画 宿泊対象スタンプラリー/農水産物消費応援キャンペーン /山口

「泊まって当てよう下関スタンプラリー」をPRする下関市の担当者

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や大型イベントの中止などで影響を受ける地元事業者を支援しようと、下関市は二つの経済対策を発表した。観光・宿泊事業者を支援する「泊まって当てよう下関スタンプラリー」と野菜や魚、花などの生産者を支援する「下関産農水産物『消費拡大』応援キャンペーン」で、2021年2月末まで継続する予定だ。

 下関スタンプラリーは11日にスタート。市内に宿泊した人が対象で、水族館「海響館」や赤間神宮など市内22カ所の観光施設のうち、3カ所を巡ってスタンプを押し、各施設に設置してある応募箱に入れる。抽選で毎月400人に、フグや鯨など下関の特産品(最高5万円相当)が当たるほか、先着5000人には参加賞(地元産のフリーズドライのみそ汁3パック)を進呈する。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです