メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

送金事業者に本人確認義務 金融庁、不正対策強化へ

 金融庁は、スマートフォンなどを使った送金サービスを手がけるキャッシュレス事業者に対し、利用者の本人確認を義務づける方向で調整に入った。現状は、連携先の銀行に確認作業を依存する仕組みが主流で、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って預金が不正に引き出された問題は本人確認の不十分さが原因になった。金融庁は資金決済法などの関連政省令を見直す方向だ。

 送金を担うキャッシュレス事業者は「資金移動業者」に該当する。2010年施行の資金決済法に基づく新しい業種で、銀行など金融機関に限られていた送金業務への参入が認められた。7月末現在、PayPay(ペイペイ)やLINEペイ、NTTドコモなど75社が登録しており、日本資金決済業協会によると、18年度に資金移動業者が取り扱った金額は1兆3463億7000万円と、10年度の100倍近くに達した。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです