メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 中露イラン、サイバー攻撃 トランプ・バイデン陣営に マイクロソフト発表

ロシアなどのハッカー集団によるサイバー攻撃を探知したマイクロソフト社のオフィス=米ニューヨークで2016年11月、AP

 米IT大手マイクロソフト社は10日、11月の米大統領選への介入を目的としたロシア、中国、イランからの組織的なサイバー攻撃を探知したと発表した。共和党のトランプ大統領陣営と、民主党のバイデン前副大統領陣営の双方が標的となっているという。同社は攻撃の大半が未遂に終わったと説明。情報流出防止などの措置が必要な人や組織に直接連絡を取り、対応を促したとしている。

 マイクロソフトは近年、サイバー攻撃への対策部門を強化。西側諸国との連携も強めている。同社によると、ロシアのハッカー集団は昨年9月以降、共和、民主両党系のコンサルタントや全国の党関係者ら約200人・機関に対し、IDとパスワードを盗むための攻撃を仕掛けた。集団はロシア軍参謀本部情報総局(GRU)との関連が指摘され、2016年の前回大統領選で民主党のクリントン候補陣営への攻撃に関与した組織。選挙関係者…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです