メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

ダイヤモンド・プリンセス号の実相/10 下船支援、細やかに

船内の消毒をする自衛官=統合幕僚監部提供

 夫婦で楽しい2週間の船旅がまもなく終わろうとするとき、未知の感染症が発生した。部屋に隔離され検査を受ける。ある朝、部屋の扉がノックされ、医療用マスクをした医師が入ってくる。「ご主人の感染が判明しました」。厳かな声でそう告げられる場面は、想像しただけで恐ろしい。

 現場に入った医師たちは「陽性告知」の際、高齢の夫婦が「今生の別れ」と感じ抱き合って泣き叫ぶのを何度も見ている。妻は「自分も付いて行く」と訴えるが、それはできない。隔離されている身だから。説明だけで30分、荷物をまとめるまで2時間ほどかかる。数日後、濃厚接触者である妻も陽性と判明する。しかし病室には限りがあり、夫と同じ病院へは行けない……。こうした事態を避けるため、対策本部は陽性者リストと乗客リストを突き合わせ、可能な限り同一病院に入れるよう改善を図った。

 命を救うための対策は活動開始から10日ほど過ぎて軌道に乗っていった。次は家族対応など乗客の立場に立った細やかな対応が必要になってくる。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです