メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『オオカマキリと同伴出勤』=森上信夫・著

『オオカマキリと同伴出勤』

 (築地書館・1760円)

 著者は昆虫写真家である。

 それと同時に大学の職員というまっとうな職業にも就いている。この両立が容易でない。

 飼っているオオカマキリの産卵を撮らなければならないが、一晩徹夜で待っても始まらない。放置して出勤したら昼間のうちに産卵は済んでしまうだろう。そこでオオカマキリをミニ水槽に入れて職場に連れていった。足元に置いてその上に足を乗せ、貧乏ゆ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです