メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

村上陽一郎・評 『シンボルの哲学 理性、祭礼、芸術のシンボル試論』=S・K・ランガー著、塚本明子・訳

『シンボルの哲学 理性、祭礼、芸術のシンボル試論』

 (岩波文庫・1584円)

 旧訳はあるが、今回新訳で文庫として出版されることになった。原著の初版は一九四二年の刊行、その後何回か版を重ねている。著者(一八九五-一九八五)はアメリカで女性の哲学者として認知された、最初の人物だろう。アメリカ生まれではあるが、両親ともにドイツ系で(因(ちな)みに結婚した相手もドイツ系だった)、彼女の母語はドイツ語だったという。幼い頃からピアノを弾き、終生チェリストでもあった。母語がドイツ語だったことは、当時の先行するドイツ語系の哲学書、カッシーラーに代表される新カント派、ヴィトゲンシュタインを象徴とするウィーン学団と呼ばれる論理実証主義の一派などに親しむのに有利な立場にあり、アメリカにいることで、ラッセル、ホワイトヘッドなど英米系の同時代的哲学思想、さらには、心理学の新しい成果(例えばケーラーのゲシュタルト概念)などを読み込む環境にもあった。

 しかし、彼女は、決して単なるそうした諸家のエピゴーネンではなく、その達した境位は、彼女が独自に総合し上げたものであった。言語的世界と、それを食(は)み出す芸術的表現や宗教的、超越的な表現も含む、極めて広い視野から、英語で言うサインとシンボルとの差を巡る著名な議論までを丹念に扱った、傑出した論考となっている。原著のタイトルは<Philos−ophy in a New Key>、この<key>は、音…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです