特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

岩間陽子・評 『インドネシア大虐殺』『楽園の島と忘れられたジェノサイド』=倉沢愛子・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇』
『インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇』

 ◆『インドネシア大虐殺』 倉沢愛子著(中公新書・902円)

 ◆『楽園の島と忘れられたジェノサイド』 倉沢愛子著(千倉書房・3520円)

冷戦の「沈黙の扉」を開く

 私の父は商社マンだった。幼い頃の父は、数か月に一度お土産を抱えて帰ってくる人だった。私へのお土産は、いつも民族衣装を着たお人形で、やがてガラス戸棚いっぱいのコレクションとなった。その中には東南アジアの人形がたくさんあった。極彩色のタイの踊り子、アオザイを着たベトナム娘、不思議な風貌のインドネシアの操り人形。あの頃、一体父はどんな風景を見たのだろうか。この二冊の本の中身も、同世代人が生きている内容だが、おそらく初めて知る人がほとんどではないか。

 一九六五年秋から六六年にかけて、インドネシアで大虐殺が起こった。犠牲者の数は、五〇万人とも二〇〇万人以上とも言われる。ポルポト政権下のカンボジアでの大虐殺に匹敵する数だが、カンボジアの事件は八〇年代中期には知られるようになったのに対し、インドネシアの方はつい最近までほぼ知られることがなかった。

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文2031文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集