メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲 白鵬・鶴竜、秋場所休場 ダブル横綱、37年ぶり不在

白鵬

 大相撲の東横綱の白鵬(35)=宮城野部屋=と、西横綱の鶴竜(35)=陸奥部屋=が13日初日の秋場所(東京・両国国技館)を休場することになった。日本相撲協会に11日、休場届が提出された。複数の横綱が初日から全員不在となるのは、千代の富士と北の湖が全休した1983年夏場所以来37年ぶり。

 7月場所中に白鵬は右膝、鶴竜は右肘を負傷し、ともに途中休場していた。白鵬について師匠の宮…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです