メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、TikTokの米国事業売却に反対 交渉の不透明感高まる

TikTok(ティックトック)の看板=8月、米カリフォルニア州(ゲッティ共同)

 ロイター通信は11日、中国当局が動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却に反対していると報じた。強制的な売却より、事業閉鎖の方が望ましいとみているという。トランプ米大統領が早期決着を迫る中、中国政府が介入姿勢を強め、交渉の不透明感が高まった。

 中国は、米国の圧力に屈する形で売却に応…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです