メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲介者のトランプ氏、外交実績アピール イスラエルとバーレーンの国交正常化

大統領執務室で話すトランプ米大統領=米ホワイトハウスで2020年9月11日、AP

 トランプ米大統領は11日、米国の仲介によりイスラエルとバーレーンが国交正常化に合意したと発表した。20世紀の中東戦争以降、イスラエルと対立してきたアラブ諸国で国交樹立に踏み切るのは4カ国目で、ペルシャ湾岸諸国では8月に正常化で合意したアラブ首長国連邦(UAE)に続き2カ国目。11月の米大統領選で再選を目指すトランプ氏は「仲介者」としての外交実績をアピールしたい考えだ。

 イスラエルとアラブ諸国は近年、共通の敵とみなすイランに対抗するため、連携を加速させている。今後は、イランと対立しながらもイスラエルへの警戒心が根強い地域大国サウジアラビアの動向が焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです