メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーレーン・イスラエル正常化、サウジが後押しか トランプ政権の圧力かわす狙いも

イスラエルとバーレーンの国交正常化を伝えるトランプ大統領のツイート=ツイッターから引用

 アラブ首長国連邦(UAE)に追随する形で、ペルシャ湾の島国バーレーンがイスラエルとの国交正常化へ踏み出した。ハマド国王は8月下旬にポンペオ米国務長官と会談した際、イスラエルとの接近には慎重な姿勢を示していたが、方針を転換した背景には、関係が深い地域大国サウジアラビアの後押しがあったとの見方が出ている。

 カーネギー国際平和財団の客員研究員で中東和平問題に詳しいザハ・ハッサン氏は、今回の動きは「サウジの青信号なしには起こりえなかった」とロイター通信に指摘した。サウジはイスラム教の2大聖地…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです