メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

功績アピールのトランプ氏、バイデン氏は追悼前面 9.11巡る両候補の違い

旅客機が墜落した東部ペンシルベニア州の式典で演説するトランプ大統領=ペンシルベニア州シャンクスビルで2020年9月11日、AP

 2001年9月の米同時多発テロから19年を迎えた11日、11月の大統領選に立候補している共和党のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が、ともに旅客機が墜落した東部ペンシルベニア州の現場を訪問した。同州は選挙の勝敗を左右する接戦州の一つ。時間差の訪問だったため、両氏の対面はなかった。

 この日はトランプ氏がテロとの戦いの勝利を誓う演説で指導力をアピールしたのに対し、バイデン氏は政策的発信を自制して「追悼の姿勢」を強調。両氏が対照的な対応を見せた。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです