メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核ごみ調査に住民の批判噴出 町長「51%反対で断念」 北海道・寿都 

住民説明会後に記者会見する北海道寿都町の片岡春雄町長=山下智恵撮影

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の選定に向けた文献調査に応募を検討している北海道寿都町が10日に開いた住民説明会。「核のごみ持ち込み是非の議論ではない」とする町側の説明に、町民からは批判が噴出し、議論はかみ合わなかった。だが、片岡春雄町長は反対意見を「説明不足」とする態度を崩さなかった。

 「私は核のごみの賛否を問いたいのではない」。住民説明会後、片岡町長は報道陣の取材にこう語り、「(意見を言った人の)多くが核のごみ(受け入れ)を否定していた。どうしたら納得してもらえるのか次の手立てを考えたい」と述べた。

 3時間に及ぶ議論では、片岡町長は「文献調査は処分場誘致につながらない。自治体や国が反対すれば止められる」との立場を強調。これに対し、町民からは「国の処分場選定事業の一環であり、誘致と切り離せない」などの反論が続き、議論は平行線をたどった。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです