中1ユーチューバーとコラボして防災動画 東京消防・志村消防署

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京消防庁志村消防署を訪れ、防災訓練を体験するひまひまさん=UUUM提供
東京消防庁志村消防署を訪れ、防災訓練を体験するひまひまさん=UUUM提供

 新型コロナウイルスの影響で地域や学校などで防災訓練を行うことが難しくなるなか、東京消防庁がツイッターやユーチューブを使った情報発信に力を入れている。8月末には中学生の人気ユーチューバーを消防署に招き、体験した防災訓練の様子をチャンネルで配信してもらう初めての試みを行った。

 協力したのは中学1年の動画クリエーター、ひまひまさん(12)。小学3年のころから動画の投稿を始め、今ではユーチューブに設けたチャンネルの登録者は32万人を超すまでになった。

 こうした人気に目を付けたのが、志村消防署(東京都板橋区)だ。1~2月には計88件に上った管内の防災訓練が、コロナの感染拡大によって3~7月はわずか2件だけになっていた。普段の訓練は町会単位で比較的高齢者が多いが、「動画で紹介すれば子どもたちを含めて多くの人に見てもらえる」と考え、若い人たちに人気が高いひまひまさんに協力を依頼したという。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文956文字)

あわせて読みたい

ニュース特集