メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

積み上がる椅子に見える苦境 コロナで閉店した店の家具が山積みに

閉店した飲食店から中古品販売店に出され、山積みされる椅子などの家具=東京都新宿区で、宮武祐希撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界が業績不振に陥る中、関連の中古品販売店には閉店した飲食店から持ち込まれた店内装飾品が山積みになっている。

 厨房(ちゅうぼう)機器や店舗用品を買い取るテンポス新宿店では、店内の商品が比較的少ない時期の9月に、飲食店で使われていた椅子やテーブルが通路まで埋めそうなほど積み上がっていた。3~4月に新型コロナ感染拡大の影響による閉店で売りに出される中古品が多かったためという。例年であれば年度初めの新店舗の開店準備などで中古品の買い取りよりも販売の繁忙期だが、同店を運営するテンポスバスターズ(本社・東京都大田区)の3~4月の買い取り件数は、全国59店舗で前年比約1・5倍、新宿店では約1・9倍まで伸びたという。

 民間信用調査会社の東京商工リサーチによると11日現在、2月からの累計で新型コロナ関連の経営破綻(負債1000万円以上)は全国で474件に達し、うち飲食業が68件と最多を占めている。

 店長の向田友成さん(39)は「新宿や池袋に近いこともあり、歌舞伎町など繁華街の飲食店から流れてくるものが多い。普段なら、お酒を提供するためのグラスを買い求めに来る人の姿もよく見かけたが、今はほとんどいなくなってしまった。積み上がる椅子から飲食店関係者の苦しい状況が見えてくるようだ」と話す。【写真・文 宮武祐希】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 正代、場所後の大関昇進「審判部で協議」 高田川副部長が言及

  3. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  4. 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです