メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモン「ギャラドス」見に来て 琵琶湖岸にキャラ描いたマンホール 近畿初

ポケモンのキャラクター「ギャラドス」が描かれたマンホール=大津市浜町の琵琶湖ホテルで2020年9月12日午前10時52分、小西雄介撮影

[PR]

 大津市の琵琶湖岸で12日、人気アニメ「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターが描かれたオリジナルのマンホールが設置された。お披露目会と設置式には、人気キャラクター「ピカチュウ」が登場し、式典を盛り上げた。

ポケモンのキャラクターが描かれたマンホールのお披露目会で、記念撮影するピカチュウ(右)と、大津市のキャラクター「おおつ光ルくん」=大津市浜町の琵琶湖ホテルで2020年9月12日午前10時37分、小西雄介撮影

 新たに設置されたのは、水タイプのポケモン「ギャラドス」が描かれた2種類のマンホール。琵琶湖岸にある大津湖岸なぎさ公園内のおまつり広場と近江大橋付近の2カ所で見ることができる。

 ポケモンをプロデュースする「株式会社ポケモン」は2018年から全国の自治体と協力し、デザインが全て異なるオリジナルのマンホールを作って寄贈している。デザインやキャラクターは各自治体に合わせて同社が選ぶ。大津市が19年に同社に申し出て、近畿地方で初めての設置が実現した。

 12日朝に大津市浜町の琵琶湖ホテルでお披露目会が開かれ、佐藤健司市長が「多くの人に足を運んでもらい、地域のにぎわい作りにつながることを期待しています」とあいさつ。その後、湖岸でマンホールを設置すると、周りで遊んでいた子どもたちが早速駆け寄っていた。

 デザインの理由は非公表だが、同社の担当者は「実際に見に来て、想像しながら楽しんで」と呼び掛けた。近く、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の「ポケストップ」になり、訪れるとオリジナルのアイテムを入手できるという。【小西雄介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです