現役最年少プロ棋士の伊藤匠新四段が誕生 藤井王位より3カ月年下

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊藤匠三段=日本将棋連盟提供
伊藤匠三段=日本将棋連盟提供

 将棋の第67回奨励会三段リーグ戦の16、17回戦が12日、東京と大阪の将棋会館で行われ、伊藤匠三段(17)が2連勝して14勝2敗と星を伸ばし、残り2局に連敗しても1位になることが確定し、10月1日付でプロ棋士の四段になることが決まった。伊藤は藤井聡太王位(18)より約3カ月年下の17歳11カ月で、現役最年少棋士になる。2016年に史上最年少の14歳2カ月で棋士になっ…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集