メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さっぽろレインボープライド コロナ対策しながら開催 「LGBTについて学ぶきっかけに」

 LGBTなど性的少数者への理解と差別の解消を呼びかける「さっぽろレインボープライド2020」が12日、札幌市であった。20回目の今年は、新型コロナウイルスの感染防止策を講じたうえで339人が参加。多様性の象徴の虹色の旗やプレートなどを掲げながら約2キロを歩き、沿道の人たちと手を振り合ったり、声を掛け合ったりしていた。

 例年は沿道から自由に参加できたが、新型コロナの感染拡大で実行委員会は参加者数を制限。参加者には事前の検温と消毒、マスクの着用を求めた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです