本当だった?「笑う門には福来たる」 介護リスクへの影響、名古屋大が初の大規模調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
笑いの重要性は医学の世界でも注目されている=ゲッティ
笑いの重要性は医学の世界でも注目されている=ゲッティ

 「笑う門には福来たる」という言葉の通り、笑いが心身の健康に与える効果は、さまざまな角度から科学的に検証されてきた。今回、名古屋大の研究チームが、「笑う人」と「笑わない人」の間で介護リスクがどれだけ変わるかを調べた。約1万4000人を3年間にわたって調べる異例の大規模な研究。果たしてその結果は?【大迫麻記子/統合デジタル取材センター】

笑う回数と「要介護認定」や「死亡」の関係

 研究を行ったのは、名古屋大大学院医学系研究科の竹内研時准教授率いる研究チーム。竹内准教授によると、医学の世界では笑いが健康に及ぼす効果が以前から注目されており、これまでに認知症や糖尿病、心疾患を減らす可能性が指摘されているという。

 今回、名大のチームが調べたのは、笑う回数の多い、少ない、あるいはほとんど笑わない、ということが、「要介護認定」や「死亡」に影響を与えるのかどうかだ。調査は2013~16年に行い、その後のデータ分析や統計処理を経て、このほど結果をまとめた。竹内准教授によると、笑いの頻度が「要介護」に関係あるかどうかを調べた研究は世界でも例がない。しかもこれまでの笑いに関する研究は小規模かつ短期間の効果をみたものがほとんどで、今回のように大規模かつ長期的に調べた研究は、世界でも珍しいという。

 まず、要介護認定を受けていない65歳以上の人にアンケート用紙を郵送し、ふだんの生活のなかで声を出して笑った回数をチェックしてもらって、「ほぼ毎日」▽「週に1~5回程度」▽「月に1~3回程度」▽「ほとんどない」――の四つから回答を選んでもらった。回答の記入にもれのなかった1万4233人を、3年間にわたって追跡調査し、四つの回答と、「要介護度2以上の認定を受けた」人や「死亡」した人との間に関連があるかどうかを調べた。笑いの頻度以外の要因を可能な限り取り除くため、家族構成や既往症、抑うつ傾向などの影響は統計処理の際に調整を行った。

目立つ「笑わない」ことのリ…

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2749文字)

あわせて読みたい

注目の特集