メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人選手の入国認める方針 政府、バスケBリーグなど対象に

Bリーグの各チームは上位進出のためにも外国人選手の活躍が欠かせない=福岡市で2018年12月12日、吉見裕都撮影

 新型コロナウイルスの影響で日本に入国できない状況になっている国内リーグ所属の外国人スポーツ選手について、政府が入国を認める方針を決めたことが11日、スポーツ庁などへの取材で明らかになった。東京オリンピック・パラリンピックの日本代表の強化につながるなどの条件があり、10月に開幕するバスケットボール男子のBリーグや、バレーボールのVリーグなどが対象となる。

 来年に延期された東京大会では選手や関係者の出入国管理が焦点となっており、開催に向けて受け入れ策が進むことが期待される。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです