生物から学ぶSDGs 枚方高生物飼育部、文化祭で成果発表 「多くの人に」 ネットで動画配信予定 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
学校公式ユーチューブチャンネルでの公開に向け動画撮影する生物飼育部員ら=枚方市枚方市大垣内町3の府立枚方高校で2020年9月5日12時8分、山本夏美代撮影
学校公式ユーチューブチャンネルでの公開に向け動画撮影する生物飼育部員ら=枚方市枚方市大垣内町3の府立枚方高校で2020年9月5日12時8分、山本夏美代撮影

 府立枚方高(枚方市大垣内町3)で4、5日に開かれた文化祭で、生物飼育部(部員17人)が、国連が推進する「SDGs(持続可能な開発目標)」について生物を通じて学ぶ展示に取り組んだ。文化祭は新型コロナウイルス感染症の影響で一般公開されなかったことから、同部は動画投稿サイト「ユーチューブ」で展示内容を紹介する。【山本夏美代】

 SDGsの17項目ごとに、関連するテーマで生物を展示した。「貧困をなくそう」と「飢餓をゼロに」では、将来の食糧難対策として昆虫食を紹介。コオロギ煎餅やミルワーム煎餅を作り、「エビやだしの風味」と伝えた。「安全な水とトイレを世界中に」では、水槽にドブガイとヒメタニシを入れた場合とそうでない場合を比較し、水質浄化の効果を実験した。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文613文字)

あわせて読みたい

ニュース特集