メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西の観光列車初便 待ちわびた「銀河」到着 出雲市駅でファンら歓喜 /島根

JR出雲市駅に到着したウエストエクスプレス銀河=島根県出雲市駅北町で2020年9月12日午前9時39分、前田葵撮影

 JR西日本の長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」が運行を始めた。11日夜に京都駅を出発した一番列車は12日午前、終着の出雲市駅(出雲市駅北町)に到着した。5月にデビューする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され、この日は待ちわびた鉄道ファンらが喜んだ。

 長旅を終えて降り立った乗客に対し牧原弘・JR西米子支社長は「本来は5月運行開始だったので、大変お待たせした。カジュアルな列車の旅を楽しんでほしい」と語った。

 大阪市城東区の公務員、岡田愛さん(40)は「座席もラウンジもとてもゆったりしていて乗り心地が良い。出雲大社にゆっくりお参りしたい」と話した。乗客らは、西日本の美しい海や空をイメージした濃い青色「瑠璃紺(るりこん)」の車体を撮影していた。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです