自民総裁選 「今夜から水面下で」(その1) 菅氏に提案、二階氏ら筋書き

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議開会前に話す菅義偉官房長官(左)と自民党の二階俊博幹事長=国会内で2017年5月26日午後0時59分、川田雅浩撮影
衆院本会議開会前に話す菅義偉官房長官(左)と自民党の二階俊博幹事長=国会内で2017年5月26日午後0時59分、川田雅浩撮影

 自民党総裁選(14日投開票)は党内7派閥中5派閥の支持を得た菅義偉官房長官(71)が、岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)を突き放し優勢な状況が続く。なぜ菅氏圧勝の流れとなったのか。舞台裏を検証する。

 「今回の総裁選に出ようと思っています。よろしくお願いします」。安倍晋三首相が辞任表明した翌日、8月29日午後8時ごろ。菅氏が国会近くの衆院赤坂議員宿舎の応接室で頭を下げると、自民党の二階俊博幹事長は「応援するから、しっかりやれ」と激励した。

 会談を持ちかけたのは菅氏だった。この日の日中、石原派の森山裕国対委員長に連絡し二階氏との会談を依頼した。菅氏との会談に先立ち、二階氏は森山氏と側近の林幹雄幹事長代理と東京都内のすし屋で事前の打ち合わせを行った後、3人で1台の車に乗り込み、ひそかに地下駐車場から宿舎に入った。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1289文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集