メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交アラブ4カ国目 イスラエル、バーレーンと合意

 トランプ米大統領は11日、米国の仲介によりイスラエルとバーレーンが国交正常化に合意したと発表した。20世紀の中東戦争以降、イスラエルと対立してきたアラブ諸国で国交樹立に踏み切るのは4カ国目で、ペルシャ湾岸諸国では8月に正常化で合意したアラブ首長国連邦(UAE)に続き2カ国目。11月の米大統領選で再選を目指すトランプ氏は「仲介者」としての外交実績をアピールしたい考えだ。

 イスラエルとアラブ諸国は近年、共通の敵とみなすイランに対抗するため、連携を加速させている。今後は、イランと対立しながらもイスラエルへの警戒心が根強い地域大国サウジアラビアの動向が焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです