メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

次期首相の課題 継承してはならぬもの=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

藻谷浩介氏=玉城達郎撮影

 安倍晋三首相の辞任表明から半月が過ぎた。3年前に「国難突破選挙」というスローガンを掲げて大勝した同じ人物が、新型コロナウイルス禍という本当の国難の最中に重責を投げ出した形だ。だが直後から、政権の支持率は急上昇しているという。

 病院や保健所や介護施設でも、業績悪化にあえぐ企業や店舗でも、トップや現場は歯を食いしばってコロナ対応に当たっている。働かなければ食べられないからと、危険な仕事をこなしている人も無数にいる。そんな中で、コロナ対応に迷走を続けた首相が先に辞めることに、多くの日本人は寛容だ。そこには病気をいたわる「情」が満ちているが、「理」はあるだろうか。

 第2次安倍政権での首相は、強さではなく弱さ、リーダーシップではなく助けてあげたくなる物腰で、確固たる支持層を獲得してきた。不勉強ぶりや脇の甘さが、逆に感情移入の対象となったのだ。その点は「そういうものなのか」と理解するしかないのだが、困ったのは、政権の施策への批判までもが感情論とみなされたことだ。「誰が」ではなく「何をどうやって」を議論しているのに、「首相が嫌いなのだろう」で片づけられる。実に息…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです